読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりアシャギ

ひとりアシャギ(遊び)の場

仕事を聞かれたらなんて答える?

現在、私はIT関係の仕事に就いています。同級生、先輩、知り合った人に「仕事は何をしてるの?」と聞かれた時、 「◯◯(会社名)に勤めているよ」 そう答えています。 この受け答えの中に、いろんな感情が含まれているのかもしれません。 会社に属していること…

【消費】より【投資】を考えてみない?

小学生の頃、手元に千円があったらどれだけお菓子が買えるか考えたのでは無いでしょうか。 それが、中高生の2,3万になったらどうでしょう。 買うものがお菓子から、雑誌・CD・洋服に変わりつつも、どんなものが買えるのかウキウキしたはずです。 もし手元に…

webデザインの正解ってなんでしょう

web

webデザインにおける正解とは何でしょうか? デザイナーに問いてみれば、「革新的なデザイン!見たことのないデザインが施されたサイト!」と答えるかもしれません。 サイトの運営者に問えば、「確かな成果(コンバージョン)を挙げてくれるサイト」と答えるで…

暴言を吐く人には近寄りがたいということ

従業員同士が互いに敬意を払っている職場は、生産性・創造性が保たれやすいという記事を見つけました。 jp.wsj.com けなされると生産性・創造性は下がる ポイントを押さえると、 ・暴言を吐かれた人は、生産性・創造性が下がる。・グループ単位で実験を行っ…

10億回の共感を生むことが人生の目的だと考えた話

生涯年収の平均を調べてみると、2億円という数字が出てきました。 2億円・・・一体どれほどの金額なのだろうか。正直今の私の財布・口座の中を見てみると、あまりに非現実的な数字な気がしてならない。 向こう30年間でそれほどの数字や成果をもたらすことが…

【書評】1つのフレーズに込められる表現。「そして、きみが教えてくれたこと」

発売した当初に購入して読み終わっていた本を引っ張り出してみた。 こちらの本は原作はコリーン・フーヴァーという方。 自費出版で出した「SLAMMED」が、ニューヨークタイムズベストセラーを経て、日本でも翻訳されたものです。 「そして、きみが教えてくれ…

眠れない?そんな時に5分で試せる熟睡方法

眠ろう。 眠れない・・・。 眠らなきゃ…! 眠れないー。 明日に持ち越す眠気を考えれば考える程余計に眠れない経験は誰もがあるでしょう。 私もその1人でしたが、ある本の存在を知ってから眠りにつくまでの時間が劇的に短くなったので、今回はその本について…

多くの人に見てもらうためには「量より質」のコンテンツ制作を!ウェブ制作のライティングについて考えてみる。

Googleがモバイルファーストインデックス(MFI)を提言してから約3ヶ月が経過しましたね。実際のところ2万PV程度の統計情報を元に確認してみても、以前からPCとスマホの割合が【3:7】程度になっていました。 こうやってはてなブログを書いている以上、閲覧…

【書評】レバレッジ・リーディング 100倍の利益を稼ぎ出すビジネス書「多読」のすすめ

今までブログやサイトの制作をやって来たものの、書評というのを書くのは初めてだ。 ことさら本に対して執着してこなかったこともあり、自分が良い本を読みたい!という欲求もそれなりに薄かったのもあります。 今回は「本を読む」という行動の濃さを高めて…