読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりアシャギ

ひとりアシャギ(遊び)の場

10億回の共感を生むことが人生の目的だと考えた話

スポンサーリンク

f:id:version-sub:20170119020446p:plain

生涯年収の平均を調べてみると、2億円という数字が出てきました。

2億円・・・一体どれほどの金額なのだろうか。正直今の私の財布・口座の中を見てみると、あまりに非現実的な数字な気がしてならない。

向こう30年間でそれほどの数字や成果をもたらすことが出来るのだろうか?という不安感にも混じって、2億円をフレーズだけで受け取ってしまい、本来の数字を捉えることが出来ていない状況にもあります。

 

小学生の頃考えましたよね?
「日本の全国民から1円ずつもらっていったら億万長者だぜ!」
それは「1億人に1円ずつ配ってからの話だね」と諭してあげたい感覚も持ちつつー。

 

ネットを通じて、色々と発信できる今だからこそ、この考えが現実的になりつつあるのでは?と考えるようにもなりました。

2000万人PVは非現実的?

もしも、1PV当たりの単価(成果)が10円だったら、2000万PVのサイトがあれば生涯年収に近づけることになります。

更に言えば、総PV2000万なので5年、10年というスパンで考えると、より現実味のある数字では無いでしょうか。
と言っても1PV当たりの単価をきっちりと計算してみると、元居た現実に引き戻されるのですが。

 

ここで言いたいのは2000万人に見てもらえる環境って凄くない!?ということです。

 

見られるきっかけ?あるよ。

以前書いた記事が、webライダーの松尾茂起さんのツイッターを通じて、100程のアクセスの流入がありました。

 

version-sub.hatenablog.com

 

きっかけは何にせよ、見てもらえる環境・手立てがあることに面白みを感じる出来事です。

自分の足で歩いて、見てもらう人を探すよりも、見たい人を集める方がずっと効率的出し、双方にウィンウィンな関係をもたらすことが出来ます。

インターネットはそんな面白さを持っています。

 

f:id:version-sub:20170119020618p:plain


実際のところのRPM…調べてみると280くらいでした。

 

現実は厳しいですね。0799035

広告を非表示にする