ひとりアシャギ

ひとりアシャギ(遊び)の場

【消費】より【投資】を考えてみない?

スポンサーリンク

 

小学生の頃、
手元に千円があったらどれだけお菓子が買えるか考えたのでは無いでしょうか。

それが、
中高生の2,3万になったらどうでしょう。

買うものがお菓子から、雑誌・CD・洋服に変わりつつも、
どんなものが買えるのかウキウキしたはずです。

 

もし手元に、
使ってもよい10万円があったとしたら何に使うだろう?

そんなことを考えてみました。

 

大人の1万円と子供の1万円

よく、学生の頃のお金の価値は何倍にもなる。
なんて言いますよね。

それはお金の使い方が理に適ってこそ、発揮する言葉ではないでしょうか。

私も、中高生の頃に手元に使っても良いお金があれば、
際限なく使ってしまう”側”の人間なので、
戒めとしてこの文章を綴っているわけです。

 

何倍の価値を生むためには、”投資”として利用するのであって、
単に”消費”するだけではいけないのです。

 

そういう意味では、
大人の1万円も子供の1万円も大差無いな、と感じざるを得ませんね。

 

もしも手元にあったら・・・?

先にも述べましたが、
手元にまとまったお金があった時、今の私は何に使うのだろう?
を考えてみました。

 

念願のVR!

パソコンのスペックアップ!

旅行!

 

胸はときめきますが、これらは”投資”ではなく”消費”ですね。

更に言えば、”お金があったらー。”という妄想をしている者こそ、自分への投資を考えるべきなのかもしれません。

 

買い渋っていたあの本が、人生の1冊になるかもしれない。

無料ツールから、有償ツールに乗り換えたことが捗るきっかけになった。

なんて些細な事から始まるかもしれないですね。

 

そんな”お金を使う”ことへの意識を持つ事って大事ですよね。

もちろん貯金も同様です。0686020

 

広告を非表示にする