読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりアシャギ

ひとりアシャギ(遊び)の場

仕事を聞かれたらなんて答える?

雑記

スポンサーリンク

現在、私はIT関係の仕事に就いています。
同級生、先輩、知り合った人に「仕事は何をしてるの?」と聞かれた時、

「◯◯(会社名)に勤めているよ」

そう答えています。

 

この受け答えの中に、いろんな感情が含まれているのかもしれません。

会社に属していることの安心感?

前職では個人経営の飲食店に務めていたこともあり、触れ合う人の少なさ、一種の単調さを感じ始めたこともあり、きっかけが欲しくて転職に踏み切りました。

 

人が多ければ多いほど得られる情報は多く、与えられる情報もより多くなります。
普段の仕事で必要な”成果物”以外にも、職場に与える影響を考えるようになり、結果的に以前よりも良い方向に向かいつつあるのは間違いありません。

 

ですが、「これでいいのかな?」という感覚もあるのです。
タイトルにもある通り、仕事を聞かれた時の答え方です。

以前までは
「◯◯って店でラーメン作ってるよ。」

だったのが、

「◯◯(会社名)って会社に勤めているよ。」
に変わったことです。

単に個人経営の飲食店から転職して、”IT企業に務めている”という安心感を表現したものではありません。

自らが行っている業務を話す程、本質を理解していないような気がしてならないのです。
書いていて、物凄く不安ですね。

 

自分の成果物に自信は…ある?

デザイナーやクリエイターならイメージし易いかもしれません。
自分が作った成果物に料金・価格を設定したことがあるでしょうか。

ネットに公開して、いろいろな声を聞くことはあっても、”お金”としての評価を得たことがある人は少ないと思います。

例えば、

・写真を撮って、売る。
・記事を書いてnoteで販売。
・オリジナルのLINEスタンプを制作・販売。

上記に示しただけでも沢山の手段がありますが、
これらを実践して得られるものってなんでしょう。

反響があれば、それだけ得られる金額も大きくなりますが、
”金銭”が常に関わっていることで、作品に対しても”責任”が付随してくると考えます。

 

会社でやっていることって?

現在の私の状況が、正にこの感覚に近いのかもしれない。
自身でやっていることが、会社に寄与できているのか?という不安を解消しきれていないのです。

仕事に向かうことに不安はなく、楽しさも感じている。
それを踏まえた上で、仕事で何か”達成した・やり切った!”と思えることがあれば、今後の「仕事何しているの?」という問いにも変化が見られるかもしれませんね。

私は”まだ”(これから)のようです。1022029

広告を非表示にする